nao2001's diary

なおちゃんの気まぐれブログ

社員を動かす社長のカリスマ仕事術

 序文より 優れたリーダーになるために不可欠な2つの特質

マイケル・マスターソンが知っている最も優秀で最も成功したビジネスリーダーの1人は常に、
自分の会社を優れたアイデアが集まる国際的な“ハチの巣箱”のように捉えている。
彼がそう定義しているわけではない。

しかし、彼が、どんな新製品がビジネスにとって“意味があるか”とか、
なぜケープタウンに新しいオフィスを開設することが“良いアイデアなのか”について話すとき、
従業員は、印象に過ぎないにしても、彼が持つ会社のイメージを理解するのだ。

彼はビジョンの概要を書いたレポートを回したりしない。
その代わり、ある製品やサービスがなぜ他のものより価値があるかについて、思慮深い文章を書く。

彼は財務目標について話すのを嫌い、社員の士気についての会話を避ける。
個々の不満には取り合わない。
重役たちが問題を提起すると、彼は肩をすくめて言う。
「うーん、どうしたらいいかわからないな」。

彼は組織図に興味がなく、財務諸表をほとんど見ず、
“人的資本”、“チーム作り”、“コラボレーション”などといった言葉に健全な嫌悪感を持っている。
人を採用するときには、経験や資格や適性をまったく考慮しない。
彼が問題にするのは2つ、知性と人格だけである。

彼は対立を好まず、たとえ損失が出るとしてもあらゆる論争を避け、
交渉の際にはたいがい相手に押し切られると思われている。
彼は最も優秀な人材でも昇給させることを好まないが、
最高の報酬を求める才能には喜んでそれを支払う。

彼は能力の低い人間を解雇するのは正しいと考えているが、自分でそうしたことはない。
有能な人間を好んで採用するが、仕事に必要なことや、実際のやり方などについては何も言わない。

つまり彼は、良いリーダーシップのためのルールのほとんどを破っているのだが、
魅力的なビジョンと強い説得力を持っているのだ。
この2つの特質が、巨大で、人を引き付け、高収益を上げ、繁栄する企業を生み出し、
世界中の何百万もの人々に優れたアイデアを販売しているのである。

だから、もし、あなたがリーダーシップに関する本を他に読んでいないのなら、
次のことだけを理解すればいい。
説得する技術を身につけ、魅力的なビジョンに目標を定めることができれば、
優れたリーダーになるために実際に必要なもの全てを手中にできる。

そうは言っても、優れたリーダーシップにはこれら2つ以外の要素もたくさんある。
本書では、私が優れたリーダーシップに必須であると考えるものと、あれば望ましいものを見分けていく。

例えば、本書には私自身が守れない多くのアドバイスも書かれている。
だが、机上の空論は1つもない。
ここに書かれているアイデアは全て私の経験から生まれたものだ。
そのうちいくつかでも皆さんの役に立てばうれしく思う。

 

社員を動かす社長のカリスマ仕事術

 

 

脳科学的チョコレート営業術

営業先にチョコを持っていくと
営業が成功しやすくなるということを
あなたは知っていますか?

もし、あなたの売っている
商品が、
宝石、
車、
ブランド品、、、
などの俗に言う
「贅沢品」や「自分へのご褒美」
であるなら、チョコの持つ力は
絶大なものになります。

マイアミ大学フロリダ大学
合同研究で、被験者に
「チョコを食べるように勧める」
という内容の実験が行われました。

この実験の結果、
被験者は3つのグループに分かれます。

 1、チョコを1個だけ食べた人
 2、チョコを好きなだけ食べた人
 3、チョコを全く食べなかった人

です。

では、この中で、あなたが一番力を入れて
営業すべき人は誰だと思いますか?
少し、考えてみてください。



答えは、「1、チョコを1個だけ食べた人」です。

理由に関して、
脳科学マーケティング100の心理技術」
では、このように書かれています。

====================
実験の結果、チョコを1個食べた被験者は、
誘惑に負けなかった被験者に比べ、
高額な商品をより尊ぶ傾向にあるのがわかった。

さらに、関連して、面白い発見もある。
それは、満足するまでチョコを食べ続けた人は、
一定を過ぎるとモノに対する欲求が消えたことだ。

そして、チョコを食べなかった人は、
他の誘惑にも負けないという心構えを
一層強くしたのである。
====================

つまり、あなたが営業先やお客さんに
チョコを差し出した時、
一番、高価なモノを欲しがるのは、
チョコを1個だけ食べる人なのです。

この実験結果から、
チョコを出すだけで
あなたはどのお客さんに多くの
時間や労力を割くべきか分かるのです。

残り99個の心理技術はこちらから
確認できます。

脳科学マーケティング100の心理技術

 

 

 

 

 

2015年のシャプティエは凄すぎる!「レ・グレフュー」は98+

2015年のシャプティエは凄すぎる!「レ・グレフュー」は98+

日本上陸わずか数本。

もう二度と入手不可能なお宝ワインです。真は2012年となっておりますが、実物は2015年です。

 


シャプティエ・エルミタージュ・ルージュ・レ・グレフュー 2015
Chapoutier Ermitage Rouge Les Greffieux

成人の記念・お祝いに最適

2019年に成人を迎える皆さま、
そのご家族やお知り合い の皆さま!!
そして熟成ワイン好きの皆さま
本日のご紹介は、絶対に見逃さないでください。

お手頃価格でお買い得な成人ヴィンテージ。
なんと【19年熟成】の超極旨ワイン。

しかもその産地は、ボルドーを代表する銘醸地、
 【サンテミリオン

今や、ほとんど入手困難な【19年熟成】の超極旨の登場です。

その名も、
[シャトー・ヴェイラック “キュヴェ・ガブリエル” 1999]

来年収穫から20年を迎える1999年!
年明けには、いわゆる成人ヴィンテージとなるワイン。

ご紹介するこのワインは、その状態の良い熟成感を味わえる、
19年に及ぶ長期熟成がもたらした素晴らしい旨みと、
優雅なアロマをたっぷりとまとった1本。

サンテミリオンの街から東5キロほどに位置するシャトーが、
サンテミリオン特有の粘土質石灰岩土壌に所有する、
10haの畑で栽培するメルロー主体のブドウを、
ステンレスとセメントタンクで発酵。
ヴィンテージにより12~24ヶ月間のタンク熟成をして瓶詰め後に、
シャトーのカーヴで静かに20年近くの眠りについていた古酒です。

そのため、熟成サンテミリオンならではの、
円熟の味わいをたっぷりと満喫できる、
なんとも贅沢なワインなんです。

ちなみに、1999年という年は決して超大当り年とまでは
いきませんでしたが、世界的評論家「ロバート・パーカー氏」
のヴィンテージチャートで、
卓越した(Excellent)
年とされる【グレートヴィンテージ】。

実際、その味わいたるや、
『状態の良さを表すクリアーなガーネット色。』
『美しい熟成を感じさせる葉巻や紅茶の香りと、
その奥からあふれ出すカシスリキュールやプルーンの濃密なアロマ。
それはスミレやムスク、さらに肉のような香りも溶け込み、
とても複雑なアロマなんです。
また、柔らかな熟成感をまとったシルキーな飲み心地は、
しっとりとして極めてエレガント。
タンニンの渋みはもはやしなやかにこなれ、
メルロー主体のサンテミリオンらしい
丸みのある味わいに美しい陰影を与えています。
伸びやかな酸と旨みのバランスも絶妙で、
熟成ワインならではの充実の飲み応え。
そして飲み干した後のアロマは、なんと甘美。
19年熟成の旨みの余韻に、
しばし浸っていたくなる美酒なんです。』

その感激は、コルクを抜いた瞬間から始まります。
そして一口ごとに増していく、旨みと深みのある味わい・・・、
それは、これまでの人生に重ね合わせられるかのよう。

まさに、熟成ワインの醍醐味をたっぷりと堪能できるワイン。

熟成チーズやドライフルーツをつまみながら、
ワインを じっくりと楽しむひとときは、なんという至福。
もちろん、ローストビーフなどの肉料理との相性も抜群です。

ぜひとも、この素晴らしい味わいを満喫していただき、
成人ヴィンテージの熟成の旨みにたっぷりと酔いしれて下さい。

 

 


シャトー・ヴェイラック“キュヴェ・ガブリエル”1999
【フランス 】【ボルドー】【成人ヴィンテージ】

脳科学マーケティング 100の心理技術

広告心理学からニューロマーケティング

現代のニューロサイエンスは、
私たちの脳の内側を見つめ、
心理学のブラックボックスを開けるのに
役立つツールをもたらした。

今や機能的磁気共鳴画像法(fMRI)による
脳スキャンという魔法を使えば、

たとえば、高すぎる値段を見聞きしたときの
脳の反応が、つねられたときの反応
ーーつまり、痛いと感じたときの反応と
非常によく似ていることがわかる。

また、脳波計(EEG)の技術のおかげで、
ある種の脳の活動を測定するコストが下がり、

より多くの統計用サンプルデータが
得られるようになったため、広告や製品の
確実な最適化が行なわれるようになった。

(中略)

ニューロマーケティングとは、
要するに脳の働きを理解し、
その知識を活用してマーケティング
商品の両方を改善することだ。

(中略)

ニューロマーケティングのテクニックが
適切に使われれば、より優れた広告、
より優れた商品が生まれ、顧客はより満足する。

誰だって気に入ったと思える商品が欲しいし、
退屈なコマーシャルは見たくない。

(中略)

「賢いマーケティング」とは、
あなたの脳を使うことだけではない。
あなたの顧客の脳を使うことでもあるのだ!

 

脳科学マーケティング100の心理技術

 

 

 

 

 

超人気ワイナリー[ウマニ・ロンキ]の秘蔵極旨スパーク

数多くの大ヒットワインを産みだす[ウマニ・ロンキ社]
マルケ州を代表するリーディングワイナリーであるのみならず、
今やイタリア全土を代表するワイナリーと言っても過言ではないでしょう。

ウマニ・ロンキ社のモットーは、
『ワインは飾っておくものではない。
身近なものとして楽しむもの。』
ベーシックラインから上級ラインまで、
そのコストパフォーマンスの良さは世界中で人気となっています。

2002年には、国際的にも評価の高いワイン醸造家、
ジュセッペ・カヴィオラ氏をコンサルタントに迎え、
以降、その出来は飛躍的に向上し、ガンベロ・ロッソ誌で、
「白ワイン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれるワイン
を産みだすなど、さらなる躍進が始まりました。

「ワインを味わう人に、自らの存在を限りなく感じさせ
ないエノロゴでありたい。」

これがカヴィオラ氏の醸造哲学。
ブドウや土地、畑の特徴を最大限に活かし、
誰がそのワインを造ったのかということではなく、
その土地のオリジナリティをワインを
通じて理解してもらうことを願っています。

2011年が初リリース、ワイナリーが極わずかに造り出す、
極旨スパーク。

最も得意とする、ヴェルディッキオとバリック(小樽)で
熟成させたシャルドネブレンドで、32ヶ月の瓶内熟成
を経てリリースされる、極上仕込み。

『柑橘系果実のフルーティな果実味にハーブのニュアンス。
加えてと白い花を想わせる甘い果実の香り、
さらに、
時間とともに、アーモンドやナッツの芳ばしさも立ち込めてきます。
口当たりは滑らかながら、溌剌さもしっかと感じられ、
グラスを重ねる度に、新しい感覚を感じさせてくれる奥深い飲み心地。
後味にほんのりと感じられる心地よい苦味もまた快適。
余韻も長く、時間をかけて楽しめます。』

今やイタリア全土を代表するワイナリーと言っても過言ではない、
超人気ワイナリー[ウマニ・ロンキ社]の極旨スパーク。

 


ウマニ・ロンキ・メトード・クラシコ・エクストラ・ブリュット【イタリア】【スパーク】【750ml】【辛口】

イタリア屈指の銘醸[アンティノリ]が磨き上げた「ウンブリアの宝石

イタリア屈指の銘醸[アンティノリ]

スーパータスカン[ティニャネロ][ソライア]を世に出した
イタリアワイン界屈指の凄腕としてあまりにも有名。

そのアンティノリが磨き上げた「ウンブリアの宝石」と
称されるワイナリーが[カステッロ・デラ・サラ]です。

トスカーナの隣、ウンブリア州の霧深い山の上にあるワイナリーで、
500haの敷地の中で、ブドウ畑は約160ha。
海抜200m~400mの畑で、太古の昔は海だったという、
化石などの堆積物と粘土質の多い土壌で、
その土地と建物を1940年にアンティノリが購入し、
ワイン造りを始めました。

そのフラッグシップである[チェルヴァロ・デラ・サラ]は、
『ガンベロ・ロッソ』において最高評価の
トレ・ビッキエーリを23回も受賞という偉業を成し遂げるなど、
数々の評価誌で最高レベルの評価を毎年のように獲得。
あの[モンラッシェ]を意識し、長期熟成できるシャルドネを目指した、
『イタリア白ワインの歴史を変えた1本』として、
世界的に有名な白ワインとして知られています。

ご案内のワインは[チェルヴァロ・デラ・サラ]の弟分的ワイン。
アリエ産とトロンセ産のバリックで発酵後、
産地の異なる3種のバリックで5ヶ月間寝かせた後に瓶熟成。

『パイナップルやトロピカルフルーツ、フレッシュな柑橘類のアロマ。
ほのかにヘーゼルナッツやバニラの香ばしいニュアンスも加わります。
生き生きとした酸が心地良く、フルーツの瑞々しさと
クリーミーな味わいが口いっぱいに広がります。
豊かな風味とミネラルに溢れた、味わい深いワインです。』

『イタリア白ワインの歴史を変えた1本』として、
世界的に有名な白ワイン[チェルヴァロ・デラ・サラ]の弟分的ワイン。

 


カステッロ・デラ・サラ・ブラミート 2016
【イタリア】【白ワイン】【アンティノリ】【辛口】